つよく、やさしく、泥臭く生きていくブログ

日常とポエムと、ときどき技術

蓬莱山ソロ

蓬莱山に登ってきました。ソロで。

経路

  • JR志賀駅
  • キタダカ道
  • クロトノハゲ
  • 打見山
  • 蓬莱山
  • ロープウェイで下山

キタダカ道

ジグザグジグザグ、ひたすらジグザグ。道中、何か所か倒木があり、くぐったり跨いだり根本の裏を回ったりした。かなり新しめの倒木もあった。 勾配はぼちぼち。昨日の雨のせいか地面は湿った落ち葉とゴロゴロした石で歩きにくかった。 f:id:yukinea:20180503225806j:plain

クロトノハゲ

クロトノハゲのちょい手前くらいから霧がかってきた。霧というか雲の中に入っていたんでしょうなあ。
看板、文字を掘って白く塗ってるんだけど、ハの字を彫りミスってる。 f:id:yukinea:20180503225817j:plain

打見山、蓬莱山

クロトノハゲを過ぎて少しすると、ロープウェイの音や、子供の騒ぐ声が聞こえてきた。
打見山上はアクティビティでにぎわっていた。ターザンみたいなやつとか。霧で全然見えないのに。
打見山からさらに少し歩くと蓬莱山山頂に着く。打見山からゲレンデを登っていくのだが、霧のせいで向かってる先が合ってるのかどうかさっぱり分からなかった。 蓬莱山山頂からの景色は案の定、眺望ゼロ。晴れていたら琵琶湖を眺めることができただろうに。まことに残念である。

ロープウェイ

予定より時間がかかったのと、あの道を下山するのつらいなってなったのでロープウェイで降りることにした。
大人片道1400円。高ぇ。。でも歩いて下山すると日が沈む、というか山の東側を降りるので暗くなるのが早いので危ないのとやっぱりあの道戻るのつらいので1400円の価値はある。
ロープウェイ乗って少し降りると、めっちゃ晴れてた。やっぱり山のてっぺんだけ雲の中だった。めっちゃ寒かったもん。
んでロープウェイの中から見た景色めっちゃいいのよね。悔しいのう。 f:id:yukinea:20180503225825j:plain